本文へスキップ

伊東東郷記念館は東郷平八郎元帥の旧別荘です

TEL. 0557-37-3550(伊東観光番)

〒414-0023 静岡県伊東市渚町3-8

伊東に現存する唯一本物の別荘です
令和元年12月国の登録有形文化財に登録されました!

 伊東東郷記念館は、東郷平八郎元帥が昭和4年に夫人の療養のために建てた別荘です。建築後90年経過、元帥の意思を引き継いだ関係者の方々のご芳志により、当時のままの姿で大切に保存されています。今後も大切に後世に残していきたい歴史文化遺産です。

                                                     
<東郷別荘今昔>

 *ホームページ更新日:2020/3/27
  
新型コロナ感染予防のため臨時休館いたします!
    
期間:3月4日〜19日〜31日
      延長:3月31日(火)まで休館いたします。  
 
      4月以降は状況により対応いたします。
    ご理解、ご協力をお願い申し上げます




<春3月 昔の庭に咲く、今は無き大島桜>
<平成21年3月31日発行『図説伊東の歴史』P241より>
 写真タイトル《東郷別荘 母屋外観》
 元帥が晩年を過ごした別荘で、毎年、夏や冬になると逗留し、伊東市民や子供たちとの交流を楽しんだ。


  【説明文】
東郷別荘
 明治三十八年、日露戦争時の日本海海戦で、ロシアのバルチック艦隊を打ち破った英雄、連合艦隊司令長官「東郷平八郎元帥」が晩年を過ごした別荘で、松川河口近くの≪東郷小路≫と呼ばれる露地の中ほどに、「東郷記念館」として当時のままの姿で伝えられている。
 建物は、昭和四年、地元の大工「里辰」によって建築され、三年後に離れが増築された。
 この別荘は、東郷元帥の人柄を物語るかのように質素なたたずまいの和風建築で、元帥を偲ぶ数々の遺品と共に大切に管理されている。
 庭に一列に植えられた大島桜の大木は、元帥のお手植えで、今も見事に咲き誇っている。
               (文・写真 田畑みなお)

  〜(平成21年、いまから10年ほど前の記述である)〜

<令和2年3月1日の庭>




     半開の梅

『三代目の白梅』(元帥が「白梅の君」と謳われた母を偲んで植えた白梅)>

<東の庭にはもう一つの白梅>


<玄関の鐵扉の上からは紅梅が幽かに咲き始めた>


<白梅の君のものがたり>







国登録証の伝達式

国の登録有形文化財への「登録証」の伝達式が1月27日伊東市役所にて行われた。
伊東小野市長から東郷神社福田宮司へ、萩生田光一文部科学大臣からの「登録証」が伝達された。

原本は東郷神社に保管し、副本を記念館に飾っていくことにする。

<伝達式の模様>





<伊豆新聞1/28掲載>









昭和8年1月22日別荘庭で撮影の東郷さんの写真(87年前)
 記念館に保存されている「アルバムより」
〜撮影年月日を東郷さん直筆にて記す  「昭和八年一月二十二日 於伊東別邸 東郷平八郎花押」〜



   1月21日撮影の庭の樹々

1)庭全景(1/20大寒の日)


2)白梅(三代目)はまだ蕾です


3)もう一つの白梅は馥郁と咲いています


4)裏庭に咲き始めた河津桜は一輪一輪と元気に踊り始めました・・・
 

 ※令和2年1月の案内報告より
    高橋案内人の初句:1月5日
    《乙女子は名残紅葉を愛惜し 盛りの頃に思ひを寄せる》

めちゃくちゃ市協賛
 1月25日(土)・26日(日)藤の広場に
  伊東自然歴史案内人会・東郷記念館部会の
ブースを開設!
 
 ※ 「東郷煎餅」を販売
     地元滝沢製菓さんが50年来手作りされています昔ながらの瓦煎餅。
    「伊東のしおり」として伊東12景を金型で焼いた「煎餅」は平成20年には全国菓子品評会にて金賞を受賞しております。
    その12景に今回「東郷記念館」が追加されました。
    もっか「東郷煎餅」として売り出し中です。昨年の5月東郷神社春の大祭のお土産としても採用されました。

   <2018年1月のめちゃくちゃ市出店ブース>
   


   
 ※ 「もう一つの東郷記念館」

       福岡県久留米市にあります「東郷記念館」の訪問記録です。
       「東郷別荘夢がたり13」として書きあげました。
       参照いただければ幸甚です!

    夢がたりのNO1からNO13までは東郷別荘・夢がたりTOGO-VILLA'S DREAM のページを参照ください。

 
 
 


祝 国の登録有形文化財に正式登録されました!!!

 令和元年12月5日の官報号外第177号にて告示されました。
  *文部科学省告示第105号
 文化財保護法の規程に基づき次の表に掲げる有形文化財を文化財登録原簿に登録したので告示する。
        令和元年12月5日    文部科学大臣  萩生田光一
 名称 構造形式及び大きさ  所在地 
 旧東郷家別邸(伊東東郷記念館) 木造平屋建、瓦葺及び金属板葺、
建築面積一六九平方メートル 
静岡県伊東市渚町五八−一 

※国登録なる!のチラシ作成しました。



<参考に内定時の資料を掲載します>

国の登録有形文化財に内定!

    〜間もなく官報に掲載されて正式登録の予定です!〜
 文化審議会(会長佐藤 信)は、令和元年7月19日(金)に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、新たに196件の建造物を登録するよう文部科学大臣に答申しました。(文化庁のホームページより)
 このなかに伊東の旧東郷家別邸(伊東東郷記念館)が含まれており、めでたく国登録有形文化財(建造物)として登録されることが内定いたしました。
 なお正式登録は官報に掲載されてからとなります。(約3か月後)そのあと登録証が送付されてきます。
  文化庁のホームページ【報道発表】 http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1419075.html

  文化庁ホームページ 
   登録有形文化財建造物制度のご案内
     http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/shuppanbutsu/bunkazai_pamphlet/pdf/pamphlet_ja_06_ver02.pdf

  
 NO 名 称  所在地  建設年代  特徴など  種 別   基準 
 108 旧東郷家別邸(伊東東郷記念館)  静岡県伊東市  S4/S7増築  かって海を望んだ敷地に、東郷平八郎が夫人の療養のために建てた別邸。木造平屋建てで、南東の庭に面して座敷を配し、座敷飾にカエデなどの銘木を使い端正な意匠でまとめる。保養地伊東の戦前の別邸として希少。  建築物  住宅  1 
注:基準1とは「国土の歴史的景観に寄与しているもの」

 ※伊東市生涯学習課作成報道機関配布用資料
 
 ※伊東市のホームページ
   指定文化財一覧表
    https://www.city.ito.shizuoka.jp/gyosei/bunka_sports/bunka/bunkazai/1/5425.html


  リンク先:伊豆新聞掲載記事
        

写真静岡新聞掲載


  このページの先頭へ

伊東東郷記念館

〒414-0023
静岡県伊東市渚町3-8

TEL 0557-37-3550(伊東観光番)
 携帯:090-6482−7969(米村)

 リンク先

伊東自然歴史案内人会
伊東観光協会
海と伊東と東郷元帥の会
ラフォーレ倶楽部伊東温泉湯の庭
東郷神社(渋谷区)

copyright©20XX Ito Togo Memorial all rights reserved.